ゴルフ上達法

golf-joutatsu.jpg

1.ドライバーでスライスしないようになる打ち方とは


他のクラブではまっすぐ飛ぶのに、ドラバーだけはスライスしてしまう…そんな悩みを抱えている人も多いようです。

ドライバーでスライスしない打ち方のポイントとして、3つ挙げることができます。 1グリップの握り方2ボールを置く位置3打つ時の姿勢 まず、グリップの握り方ですが、スタート時点でウィークグリップやスクエアグリップで握っている人がいます。

これだと振り遅れたときにクラブフェースが開いてしまい、どうしてもスライス気味に飛んでしまいます。手首を返さないで打つためには、フックグリップで握ることをお勧めします。

次にボールを置く位置ですが、スライスしないためには、左足のかかとの線上よりも若干内側にセットしてください。そこにセットすることで、スイング自体の軌道が変わってくるため、スライスが出にくくなると言われています。

かかとの線上に置く方がいいのでは?と思われがちですが、その位置は、ドライバーでのショットの場合になります。 最後に打つ時の姿勢も大切になってきます。

背中を伸ばしつつも前傾姿勢を保つように構えましょう。前傾姿勢をとるとどうしても猫背になりがちですが、そこはしっかり意識しながら、お尻をつき出し、腰を位置を若干高めにセットするイメージを持ちます。

インパクト時に体が伸びなければ、スライスする確率はぐんと減るでしょう。参照元はこちらのゴルフ上達法の情報サイトです。以下、引き続き複数、参照させていただいています。


2.フェアウェイウッドでのスライス対策


ポイントは構え方アイアンの場合、目の前の芝を刈るようにスイングするイメージがあります。

しかし、フェアウェイウッドの場合は、同じようなイメージでスイングするとミスショットに繋がります。ロフトの角度が小さいため、バックスピンがかかりにくいのがフェアウェイウッドの特徴と言えますので、ちょっとのズレでスライスしやすくなってしまいます。

そこで、フェアウェイウッドでのスライス対策に重要なのは構え方になってきます。アイアンと同じような振り方をしては、上半身が上下してしまいます。

そうなると膝頭が前に出やすく、結局スイングバランスが崩れてしまいます。体を上下に動かさないようにまず意識してみましょう。

構えの基本は、両膝と腰の位置を地面と平行に構えることです。この時の体重バランスは50%ずつ均等にする必要があります。

こうすることで、上半身に無駄な力が入らなくなります。一方上半身は、背中はまっすぐに伸ばしたまま、軽く前傾姿勢になります。

前傾角度になるとどうしても肩が内側に入りやすくなりますが、背筋を伸ばし、胸を張るようにしてから前傾角度を保ちましょう。 次にスイングですが、バックスイングする際に、手でクラブを上げようとするのではなく、左肩の捻転が重要になってきます。

体の柔軟性がないと捻転が浅くなりがちです。その時は、右肩をしっかり後ろに引くようなイメージでスイングすることでトップが作りやすくなるのです。

上半身下半身ともしっかりバランスをとることで、スイング時に上下にブレてしまうことがかなり少なくなり、スライスの確立を大幅に下げることができるでしょう。



3.バンカーに入ってしまった!そこからの脱却法


誰もが苦手とするのが、バンカーショットではないでしょうか。

苦手と思う原因の理由として、スイング自体の小ささが挙げられます。そのことをふまえて、バンカーショットの克服法を3つほど紹介しましょう。

まず、バンカー打ちで一番大切なのは「グリップ」です。バンカーの場合、グリップの握り方は、やや短めにであることを覚えてください。

グリップは開いた状態から握る必要があるため、クラブフェースのエッジ部分は、時計でいう1時の方向に向けてください。なぜ通常ショットと変える必要があるかというと、クラブのバンスを利用してボールを出させるためなのです。

次に構えるスタンスですが、バンカーショットの場合は「オープンスタンス」にしましょう。同時に、足の開き方には注意が必要です。

クラブのエッジ部分を確認して、打ち出したい方向に向けます。その時に足も同方向に開いていなければいけません。

この足の方向は体重をかける方向でもあります。目標方向に向いている足には60%、後ろ側の足には40%程度のバランスで体重をかけることで安定してくるのです。

ボールを置く位置ですが、左足のかかと前であることをお忘れなく。 最後にバンカーに沈んだボールを脱却させるスイングは、構えたとおりに振り抜く必要があります。

オープンスタンスで構えているために、思いの外、振り抜きやすくなっているでしょう。また、ヘッドを落す位置ですが、ボールの後方で、2~5cm手前を狙うようにしてください。

ボール下の砂ごと持ち上げるようなイメージであれば、砂と共にボールは一度高く上がって、次の瞬間はバンカーから脱出していることでしょう。 経験した人も多いバンカーショットでは、焦ってしまって脱出に失敗してしまうこともあります。

脱出させることに意識が集中してしまい、体重のかけ方のバランスが崩れてしまうのです。そうなると、ヘッドを落す位置もずれてしまい、結局ダフってしまう確率が高くなります。

グリップ、スタンス、スイングを意識して、余裕のあるバンカーショットを打つように心掛けましょう。



4.目玉になったバンカーから上手く脱出するには?


バンカーショットの中でも、ボールが目玉焼きのように深く入り込んでしまった「目玉」を苦手とする人は結構いますよね。

目玉になっているボールは、砂にめり込んでいるので、通常のバンカーショットでは、あっさり脱出というわけにはいきません。普通のバンカーショットであれば、オープンスタンスで左足に体重を乗せて構えますよね。

そのまま、ボールの2~5cm手前を砂ごとすくいあげるイメージで振り切っていくと上手くいきますが、目玉のように埋まっていると、このやり方ではかなり難しいでしょう。 埋まっている部分が2分の1程度ならボールの顔が半分程度見えていれば、フェースをかぶせることなく、構え方はスクエアで振っていく。

そうすることで脱出が可能になります。具体的には、左足寄りにセットしたボールの2~3cm手前に打ち込んでいきますが、埋もれている分勢いよく打ち込んでいかないと、砂の抵抗に負けてしまいます。

3分の2程度埋まってしまっている場合バンカーをのぞいて、ほんの少し自分のボールが顔をのぞかせている時、かなり落胆してしまいますよね。目玉バンカーで結構、埋まってしまっている場合は、クラブのフェースをクローズドにして打ち込んでいくというのが最も行われている打ち方ですよね。

具体的にはボールを右足のかかとの線上においてから、オープンスタンスで構えます。クラブヘッドはかぶせ、ボールの2cm程度手前にしっかり落としていきます。

こうすれば、砂を多くとることになりますが、フェースが開いてしまうということはなく防ぐことができるのです。



5.ラウンド中の上手なリズムの作り方


キャディさんの「ファー」という声を聞くのは、何とも歯がゆいことですが、全てベストショットで回ることはなかなか難しく、林の中にボールが消えてしまうのはある意味よくあることで、同時に仕方のないことです。

林の中に入ってしまった時、まず考えなくてはいけないのが「脱出」ですよね。運悪く林の中にボールが入ってしまったら、その時点で状況確認しなくてはいけません。

ボールの置かれているライをしっかり確認しましょう。同時に後ろを振り返った時、戻さなければならないグリーンの状況も確認する必要があります。

入り込んでしまったボールにだけ関心を奪われると、状況を見極めることなく林の中をすすんでしまうことになります。いざ脱出させるときのことを優先的に考えて、ボールの位置を確認する必要があります。

また、どんな状態でも打てるように、クラブは2~3本ほど持っていくようにします。 ボールの位置と置かれた状況を確認したら、ボールの打ち出すビジョンをよく考えなければいけません。

通常のコースに戻すためには、できるだけ安全な位置でボールを打つ必要があります。無駄なチャレンジはせずに、確実に最短で戻ることを優先に考えましょう。

通常のコースに戻す時、林の中からだと低い球で出すことをお勧めします。高めに打ち上げると、木の枝などにあたってしまう恐れがあり、できるだけリスクは少ない方がいいでしょう。

クラブを選択する際は、先の先を見越しておく必要があります。打ち出した後のボールの、次の目的地点を計算して、どのくらいの距離を出すべきか考える必要があるからです。